マイホームを建てるなら質がよくて安い楽屋がベスト

自由な発想を大切に

ハウス

健やかな家に住む

家づくりは、家族が長く楽しく暮らすための舞台です。特に、注文住宅は、長く安心して快適に暮らすための素材やデザイン、そして先のことを考えた構造、見えない部分まで徹底的にこだわった会社に依頼したいものです。その家づくりを実践しているのが、群馬県で2002年に創業した楽屋です。創業して15年ですが、群馬県内に4店舗を持ち、家づくりを本気注文住宅として数多くの実績を積み上げてきました。家づくりは、一生のなかで何度もあることではありません。県内の新築一戸建のは、約2500万円から3500万円と、首都圏にくらべれば手が届きやすい値段ですが、大きな買い物です。したがって、楽屋では、家づくりの基本姿勢として設計25の鉄則を明確にして取り組んでいます。なかでも、希望予算や漠然としたイメージを相談すると、家づくりのプロ集団が整理し社内コンペを実施します。その上で、最良の提案を住む人とともにミーティングしながら、家づくりがスタートします。もっとも大切なことは、家族全員の理想のライフスタイルを叶えうため、夢を取りまとめておくことです。楽屋は、その夢を実現するまで諦めません。家づくりは、例えるなら、長い距離を高速で走りきる体力と知力の結晶です。したがって、楽屋には、家づくりの悩みを解決してくれるスペシャリストが在籍しています。その姿勢は、距離をとり過ぎずけれど踏み込み過ぎず、的確なアドバイスを受けることができます。群馬県は、夏は上州名物の雷、冬は風が強い赤城おろしと独特な気候風土です。その環境を考慮した屋根や外壁材、断熱工法が提案できるのも群馬県に根差した会社だからです。